本町田勝負ヶ谷公園

本町田勝負ヶ谷公園

本町田勝負ヶ谷公園は名前「勝負ヶ谷」となかなか凄いところかと思ったのですが行ってみるとのどかな公園でした。何かを勝負するような遊具もなくのんびりと憩う公園です。


本町田勝負ヶ谷公園

 

本町田勝負ヶ谷公園

 

本町田勝負ヶ谷公園

 

本町田勝負ヶ谷公園

 

本町田勝負ヶ谷公園

 

本町田勝負ヶ谷公園

本町田勝負ヶ谷公園

  • 所在地:町田市本町田3207-5
  • 面積:435.44平方メートル
  • 開園日:平成8年1月30日 今年目
  • 最寄りバス停:藤の台団地

町田市に多くある谷戸と台地が繰り返される土地に作られたため、団地内は急な坂や階段が非常に多くなっている。公団住宅の建物の試案を兼ねて建設されたのか、山崎団地と同様に、他の団地では見られないデザインや間取りの棟が複数存在する。ほぼ平地である山崎団地よりも、整列していない棟が多く変化に富んだ配置になっており、建物の間が個性的な庭のようになっている所も多い。
複数の街区を道路で囲む「近隣住区論」に基づく設計思想が見られ、居住者以外の無用な通り抜け交通を防ぐ外周路の配置や、徒歩圏内で生活を賄う意図によって構造的に周辺地域と分離されている。その上、起伏が激しい藤の台団地では外周路に多くの法面(そのいくつかは断崖といえる程の斜面である)が設けられ、また一部が都市計画道路の予定地に接するなど、外周路を生活道路として共有する住宅開発が他の団地に比べて成され難い状況が続いており、これが建設当初からの景色を比較的に保ち、藤の台団地にコミュニティとしての一体感を醸成する一因となっている。(藤の台団地 – Wikipedia)