小田急ファミリー鉄道展2011

小田急ファミリー鉄道展、2011年はロマンスカーを押しのけ5000系が主役。
まさに“小田急”の顔をしたラストランの5000系。
そしてHiSEとRSEという貴重なそろい踏み

小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:山木 利満)では、2011年10月15日(土)、16日(日)の2日間、海老名駅に隣接する「海老名電車基地」および商業施設「ビナウォーク」にて「ファミリー鉄道展 2011」を開催します。「ファミリー鉄道展」は、日ごろから小田急グループをご利用いただいているお客さまに感謝の気持ちを込めて実施するもので、1999年から開催しております。今回は、1987年に就役し、箱根観光などに活躍しているロマンスカー・HiSE(10000形)の展示、車内見学や、小田急を代表する通勤車両として活躍してきた5000形の4両編成で、車内アナウンスなどが体験できるイベントを行うほか、1957年当時、狭軌鉄道世界最高速度を樹立したロマンスカー・SE(3000形)を専用保存車庫にて公開します。また、毎回ご好評いただいている保守作業車による実演では、レール運搬車のレール積み下ろし作業などの実演もあり、普段目にすることの少ない保守作業の様子もご覧いただけます。なお、会場内では、各種鉄道グッズの販売、鉄道模型の走行会など多数のイベントが開催され、お子さまから大人の方まで存分にお楽しみいただける内容となっています。「ファミリー鉄道展 2011」の概要は下記のとおりです。(小田急電鉄HP)

ロマンスカーミュージアムOPEN

2021年4月19日ロマンスカーミュージアム
小田急が本気で作ったミュージアム
これまでファミリー鉄道展などで近くでみれたが
たくさんの名車が一気でみることができる。

ロマンスカーミュージアムOPEN

一番最初の入場回は12:00
周りでは号外が出ていたり結構な列(予約者)、マスコミ

ロマンスカーミュージアムOPEN

オープンらしくたくさんの花

ロマンスカーミュージアムOPEN

エレベーターを降りたところすぐにモハ1

ロマンスカーミュージアムOPEN

そしてメインのLSE、NSE、SEのそろい踏み

ロマンスカーミュージアムOPEN

こだわりのライティングでかっこよさが際立つ

ロマンスカーミュージアムOPEN

ロマンスカーミュージアムOPEN

ロマンスカーミュージアムOPEN

運転席への登り口は開いています

ロマンスカーミュージアムOPEN

ロマンスカーミュージアムOPEN

HiSEは展望席にも乗れます。前にはSSEが。

ロマンスカーミュージアムOPEN

ロマンスカーミュージアムOPEN

ロマンスカーミュージアムOPEN

ロマンスカーミュージアムOPEN

走っているロマンスカーと違って
線路が無い、建物の中にロマンスカーという非日常的な空間
ロマンスカーの美しさ、ダイナミックが再確認できます

SE就役60周年記念キャンペーン、懐かしさ満開のイベント満載

2017年7月6日と7日に“60周年記念サービス”として
・なつかしのメニュー復活
・“走る喫茶室”復活
・歴代のアテンダント制服着用
という懐かしさに浸れるイベント

行きはLSEのはこね29号で60周年記念の“カスタードプリン”を。

カスタードプリン 350円
昔ながらのシンプルなプリンの上に、ロマンスカーをデザインした
かわいいプレートを飾りました。側面には記念ロゴシールが付いています。(メニューから)

帰りはVSEのはこね30号で森永セットを。
行き帰り当日券で前展望席と今後の運全部を使った幸運。

歴代のアテンダント制服

森永セットは森永プリン・森永ココア(アイス)で800円
ココアの入っているロマンスカーグラスは持ち帰りOK

小田急電鉄では、2017年7月6日(木)から8月31日(木)まで、「ロマンスカー・SE 就役60周年記念キャンペーン」を開催します。期間中に、「特急ロマンスカー夢リレー」として現役で運転しているロマンスカー4車種全ての特急券を、応募用専用封筒に入れご応募いただくと、抽選でオリジナルグッズなどがプレゼントされます。
また、7月6日(木)、7日(金)には、対象のロマンスカー限定で、懐かしの制服を着用したアテンダントによるシートサービス「走る喫茶室(車内販売)」が復活、当時ご好評いただいていた「プリン」 と「アイスココア」を通常メニューに加えて販売します。
その他、箱根でも60周年を記念したイベントが各所で開催。彫刻の森美術館では、「未来のロマンスカーを描いてみよう!」をテーマにしたワークショップなどを期間限定で開催。箱根小涌園ユネッサンや強羅公園クラフトハウスでは、ペーパークラフトやオリジナルグラスを作るワークショップが期間限定で開催されます。
特別なこの機会に、懐かしの旅気分を味わってみてはいかがでしょうか。(小田急facebookから)

いよいよ4月19日にオープンする
ロマンスカーミュージアム
外からわくわく

 

箱根ゴールデンコース開通60周年

 

「箱根ゴールデンコース」とは
箱根の玄関口小田原・箱根湯本を起点に箱根登山電車、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根海賊船、箱根登山バスの5つの個性的な乗り物を楽しみながら、箱根の観光地を巡るループ状の定番周遊ルート。近年はその反対回りでの周遊も人気です。
ロゴに込めた思い
60年前につながった箱根ゴールデンコース。昨年の台風被害により現在、途切れた状態です。箱根登山電車を再びつなぐ、さらに観光のお客様や地元の皆様とのつながりをより深め、箱根ゴールデンコースを未来につなげでいくという思いをロゴに込めました。
(小田急のプレスリリース)

2019年の目玉は新旧のロマンスカーが並ぶところです
この贅沢な夢の2ショットをどうぞ

海老名駅のホームがざわついているので行ってみるとSEが帰るところでした。

小田急電鉄では、日ごろから小田急グループをご利用いただいているお客さまに感謝の気持ちを込めて、ファミリー鉄道展を今年も開催いたします。
今年は、最新の特急ロマンスカー・GSE(70000形)と懐かしの特急ロマンスカー・SE(3000形)が夢の共演!
また、乗務員体験コーナー(※事前応募制)や「非常停止ボタン」等の模擬体験、小田急線海老名駅長や特急乗務員との記念撮影、鉄道模型の走行会、各種鉄道グッズの販売やステージイベントなど、多数の催しをご用意しておりますので、ご家族揃ってお楽しみいただけます。皆さまのご来場をお待ちしています!
(小田急電鉄HPから)

イベント概要

【開催期日】2019年5月25日(土)・26日(日)
【開催場所】
第1会場:海老名電車基地内特設会場(小田急線海老名駅 西口徒歩1分)
第2会場:ビナウォーク(小田急線海老名駅 東口徒歩1分) ※隣接する「海老名中央公園」を含む
【開催時間】
第1会場:10:00~15:30 ※最終入場15:00まで
※5月26日(日)の車両展示コーナーのみ~14:30(車両展示コーナーへの最終入場14:00まで)
第2会場:10:00~16:00
※荒天により、イベントが中止となる場合がございます。

ロマンスカーLSEのでかい模型、値段もでかい160万円
受注生産で5台が発売
小田急ファミリー展で実物が展示されました
とにかくでかい、博物館に展示するスケール

極限までクオリティを追求したフルスチール製のボディ、鮮やかな電飾、一つずつ手作業で組み立てられた座席、パターンのみならず質感までをも再現したカーペット―。
その全てが、私の“憧れ”そのもの。
ロマンスカーLSE 7000形の勇姿を、想いを、絶やすことなく美しいまま、いつまでも傍に。
LSE 5inch Premium Scale Modelは、職人の情熱と労力を注ぎ込んだ贅沢な逸品。
ホンモノを模しただけではない。
LSEが駆け抜けてきた38年間を語り継ぐに相応しい、特別な5インチゲージモデルの登場です。(特設ページから)

毎年楽しみな海老名で開催の小田急ファミリー鉄道展
今回はロマンスカーLSEが目玉
天気もよく写真を撮るには最高の天気

線路の上からロマンスカーを撮影

今回はもうLSEが主役

入場自体は無抽選なので気軽に参加できます

線路を普通に歩ける楽しみ

なんと160万円のロマンスカーの模型
ロマンスカーLSE7000形 – 完全限定受注生産1/20モデル 特設ぺージ

小田急電鉄では、日ごろから小田急グループをご利用いただいているお客さまに感謝の気持ちを込めて、ファミリー鉄道展を今年も開催いたします。
今年は、2018年7月に定期運行を終了した、特急ロマンスカー・LSE(7000形)を展示。
また、乗務員体験コーナー(※事前応募制)や「非常停止ボタン」等の模擬体験、小田急線海老名駅長や特急乗務員との記念撮影、鉄道模型の走行会、各種鉄道グッズの販売やステージイベントなど、当日ご参加いただける多数の催しをご用意しておりますので、ご家族揃ってお楽しみいただけます。皆さまのご来場をお待ちしています!
(小田急電鉄HPから)

イベント概要

【開催期日】2018年10月20日(土)・21日(日)
【開催場所】
第1会場:海老名電車基地内特設会場(小田急線海老名駅 西口徒歩1分)
第2会場:ビナウォーク(小田急線海老名駅 東口徒歩1分) ※隣接する「海老名中央公園」を含む
【開催時間】
第1会場:10:00〜15:30 ※最終入場15:00まで
第2会場:10:00〜16:00
※荒天により、イベントが中止となる場合がございます。

8月16日「箱根強羅夏まつり大文字焼き」にあわせ「明星号」が1日限りの復活。
昭和27年〜昭和38年に走っていた明星号が平成最後の夏に登場。
小田原〜新宿まで「さがみ92号」として走る列車を
箱根湯本〜新宿でGSEを使い臨時特急として運行。
特急券には「明星92号」とは表記されず「臨時92号」と表記。

これは乗らなきゃと発売日にe-ロマンスカーで特急券を購入。
花火も見ず、温泉にも入らず「明星号」乗車のため箱根湯本へ。

1時間前に着くと今日本当に花火大会だよね?
という感じの寂しさ、そして登山鉄道から下りてくるお客さんの数も昔から激減
ちょっと心配になりながらも特急券空席情報をみると「○」
やはりこのセレクトはマニアックすぎたか?
箱根湯本を22時に出て新宿に23:30すぎというとなかなか厳しかったか。。。

表示がどこも「臨時」という中GSEには「明星92号」と表示。
やっと明星号の実感がわきつつ空席ありで箱根湯本を出発。
車内放送で明星号の説明、明星号としての運行を放送し
しっかり「さがみ」が「明星」になりました。